日常をぼやいたり、漫画やアニメについて語ったり、駄絵曝して一人羞恥プレイしたり…つまりなんでもアリなカオス空間。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

--/--/--(--)  [編集]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/01(金)  [編集]
amanusya

その点では今回の銀英のポートは秀逸だったと思う。予備知識がないと誰がヒロインだかわかんないけどww
01-31 00:00

私も銀英ファンの神楽たんが同行してなかったら、ポスターの写真だけではまぁ様とみりおんのどっちがヒロインなのかわかんなかったと思う…
01-31 00:04

月組トップ&準トップコンビはやっぱり美形だなぁ。オスカルとアンドレ役替りでやってもどっちもしっくりくる
01-31 02:01

宝塚大劇場のすぐ近くにある建物が手塚治虫記念館だと今はじめて知った…
01-31 02:19

ていうかいつの間にこんな時間に…おおお
01-31 02:21

おやす
01-31 02:21

おはよございまー。ねむいわー(うд`)。o 今週は時間が経つのが早い…仕事いってきます三┌(^o^)┘
01-31 08:22

穏やかに優しく呼びかけるまぁ様の声が好きだなぁって改めて思うおひるまえ
01-31 11:27

まぁ様キルヒが「ラインハルトさま」と呼びかける時の響きがすごく好き。
01-31 11:29

ただいまー
01-31 19:39

えけびになにがあったんかいなとおもたら恋愛がどうとかで坊主って…こりゃ見せしめだな。
01-31 20:06

ていうかさ、恋愛禁止のルールを破ったかなんだか知らんけどさ、そもそもそんなルール設けなきゃいけない・あっても破られるってことはさ、メンバーのプロ意識がその程度だってことで、彼女らにその程度の意識しか持たせない仕事だってことでないの?
01-31 20:10

ルールで縛らなければままならないという時点でそれを排除することは諦めたほうがいいと思うんだよね。外から強制されたって本人の意識が低けりゃ抜け道やらなんやら探すだけで、双方にとって不幸な結果しか産まない
01-31 20:13

「信頼が全て」と豪語しているうちの会社にはそれはもうバカほど規制(規則ではない)があって、業務に支障をきたすレベルなんだけど、それってつまり社員の自制心やプロ意識を会社が信用してないってことにほかならない。だから社員の自覚も育たなければ不祥事も絶えない。
01-31 20:18

組織として健全であるためには、まずなによりもその組織を構成する個人の自制と自律を促し、自治をもって組織を運営するべきだと思うんだよ。やらされなきゃやらない・禁止しなければ律せないなんて、そんなの組織以前に個人として不健全だろと思う
01-31 20:23

社員を信用していない会社が社会に対して自社の信頼性を高らかにアピールするなんて、ただのギャグだろ。我が社を信頼してね!って言うならまず社員を信頼しろ。ていうか信頼出来る社員を育てろ。自分のエッセイ集(笑)を我が社のバイブル!とかのたまうあの会長には無理だろうけど。
01-31 20:26

うちの高校には校則がなかった。代わりに、生徒が自分達で決めるルールはあった。でも、大人から一方的に押し付けられたルールじゃないから、「自分たちで決めたことは守ろう」って意識があった。生徒会はなく、自治会だった。風紀委員もなかった。でも風紀が乱れていると問題になったことは一度もない
01-31 20:34

ハタチ前後の子たちに「恋愛すんな」って上から押し付けたって無理に決まってる
01-31 20:35

恋愛以上に熱中するものがある人ならいざしらず、そのグループ自体が本人たちにとってそれだけの魅力あるコンテンツでもないのに、グループのために、イメージのために恋愛するな、なんて無理でしょう。
01-31 20:42

グループのためにメンバーには恋愛は我慢してほしい、というなら、何を捨ててもここのメンバーでいたい!と思わせるだけの魅力のあるグループというコンテンツを作れよと思います
01-31 20:45

宝塚音楽学校は規則の厳しさ有名だが、それは彼女達の自覚と意識を育てるためなんだよ。プロとなってから求められるのは自律と自制。「清く、正しく、美しく」は規則ではなく、彼女たちの礎となる価値観なのだ。それを2年間で確立させ、プロとしての意識を育てる、そのための音楽学校の規則なんだよ。
01-31 20:56

そして、揺るぎない価値観とプロ意識と同時に、彼女達は自らの所属する組織を心から愛している。年中無休で常に宝塚のことを考え、同年代の女性達とはかけ離れた世界で、太る暇などないハードな日々を送っていても、それでも常に笑顔でいられるのは、宝塚を心から愛しているからにほかならないと思う
01-31 21:02

えけびと100年の歴史をもつ宝塚を比べるなって言われるかもしれんけど、長く愛されるということはそういうことなのではなかろうかと思います。
01-31 21:06

退団してもやっぱり何らかの形で宝塚に関わってるっていうひとがたくさんいるという事実が、100年続く理由だと思います。そしてみんな退団したら宝塚ファンに戻るんだよ…毎日忙しくて辛いこともたくさんあった、なんて思いよりも、宝塚が好き!という思いのほうが強いって、凄いことだよなとおもう
01-31 21:13

自分の元職場が好きで好きで、辞めても何度も訪れてしまう、できれば違う形で関わりたい、なんて、ほんとにその仕事と職場を愛していないと思えないよ
01-31 21:17

オフの日も、仕事でもないのにお金まで払って職場に来て、他の人の仕事ぶりを見て感動したり喜んだり…なんて
01-31 21:19

すごいなー そんな職場に巡り会いたいね。
01-31 21:20

そんなわけでごはん。TL荒らしてすいません
01-31 21:20

スポンサーサイト

      コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
      トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amanusya.blog98.fc2.com/tb.php/1174-19f14d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

日々是修羅場。  Copyright©  2007 非人(ひじん). All rights reserved.
/ Template by 日々是修羅場。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。