日常をぼやいたり、漫画やアニメについて語ったり、駄絵曝して一人羞恥プレイしたり…つまりなんでもアリなカオス空間。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

--/--/--(--)  [編集]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/15(火)  [編集]
※ちょっと毒っぽいものも入ってるかもなので注意


某国の振る舞いを見ていると思うこと。

正義って、それがどんなに正論だろうと、誰のためだろうと、相手に対して力(武力的な意味の)を振るった時点でそれは正義じゃないと思うんだ。
どんなにその背景に大義名分を背負っていようと、その「正義」で誰かの幸せを奪った時点でそれは「正義」ではなくなると思う。

「正義は必ず勝つ」
とか
「勝ったものが正義」
なんてあり得ないと思うんだ。

「勝つ」ってことは、誰かを傷つけたり殺したりしたわけだよね。
それがお互いやりあったことであっても。
でもその相手の誰かにもそれなりの信念があって家族があって、守りたいものがあるんだよね。
多分その人にはその人なりの「正義」があるはずなんだよね。

それを自分の大義名分のために奪うのは良いこと?
それって「正義」って呼べる?
それを「正義だ」って言って歓迎できるのは、その「正義」を行使した相手のことを考えてないから…つまり世界をひとつの物差しでしか見てないってことじゃないの?
例えるなら世界は限りなく球に近い多面体だと思うんだ。
この世界に住まう人の数だけ、信念があり家族があり…つまり「世界」がある。
その多面体のたった一面からしか見ないで「正義」なんて語れないと思うよ?

「正義」に絶対的なものなんて無い。
なのにその「正義」を掲げて、「我こそ正義!」なんて馬鹿げてる。
某国の場合は正義の皮をかぶった私利私欲の固まりだけど。
「正義」はそれぞれの人がそれぞれに追い求める、ゆずれない信念であって、その主張法はあくまで非暴力であるべきだと思う。

正義は力あるものの拳に宿るものではない。
正義は力なきもの、力を行使しないものの魂に宿るもの。
私はそう思う。

だから私はヒーローもの(「絶対的に正しい」存在があるもの)が嫌いなんだよ。
スポンサーサイト

      コメント
この記事へのコメント

【2008/07/15 05:22】YGGR | URL[編集]
まぁ正義はみな違うからね。
リアルな話、戦争起こしている当事者も自分が正しいと思っているさ。

平和、安定、幸福の元にある正義というのは、妥協すれば偽善にしかすぎないのだろう。。


【2008/07/27 23:57】非人(ひじん) | URL[編集]
>いぎゅさん
コメありがとうです!(`・д・´)

そう、正義は人それぞれ違うということをなんで考えないんだろうと思うんですよ。
まあ、きっとそこまで思いを巡らせるような人は自分の正義の押し売りで戦争なんかしないと思いますけどね(;´∀`)

そもそも、正義というものそのものが偽善のように思えます。
戦争の無いところでも、戦争のまっただ中でも、「正義」はただの嘘偽り、それぞれの人の幻想に過ぎない気がするんですよね…。

私が「正義」アレルギーだからかもしれませんけどwwww

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
      トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amanusya.blog98.fc2.com/tb.php/284-ccc68763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

日々是修羅場。  Copyright©  2007 非人(ひじん). All rights reserved.
/ Template by 日々是修羅場。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。