日常をぼやいたり、漫画やアニメについて語ったり、駄絵曝して一人羞恥プレイしたり…つまりなんでもアリなカオス空間。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

--/--/--(--)  [編集]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/01(水)  [編集]
9月20日~23日の3泊4日で両親と、母方の祖母と一緒に北海道に行ってきました。
北海道在住の弟は3日目から途中参加でした。
4日間天気に恵まれて、さほど大きいトラブルもなく順調で楽しい旅でした♪

続きは写真付きで超長くなるので追記で↓


20日
なんとか台風が去ってくれたので無事関空から札幌へ向けて出発。
無事北海道到着!!でレンタカーを借り、空港から札幌市内へ。

北大の銀杏並木 北大のメインストリート
北大の銀杏並木 北大メインストリート
北大総合博物館 白河記念講堂
北大総合博物館 白河記念講堂
想像以上に広くて歩き疲れた…(;´∀`)
大半が芝生と木々に覆われてて、構内至る所で当たり前のようにジンギスカンパーティーしてたり、学生が寝転がってたり…のんびりすぎるwwww
大学というイメージとはちょっと違う気がしました(^ω^;)

北海道庁(旧庁舎) 札幌時計台
北海道庁(旧庁舎) 札幌時計台
小樽運河 運河沿いの煉瓦造りの倉庫
小樽運河の灯 煉瓦造りの倉庫
北大散策後は道庁(旧庁舎)→時計台→雪印パーラー(祖母がアイス大好きなのでww)と巡り、小樽に入りました。
小樽ではホテルにチェックイン後、夕食にお寿司を食べに行き、その後小樽運河へ。
ガス灯の灯る運河の町を人力車で案内してもらいました。
運河沿いに煉瓦造りの倉庫街があったり、かつて栄えた銀行の建物が残ってたりと、レトロな雰囲気漂う街でした。


21日
小樽オルゴール堂
小樽オルゴール堂
小樽からニセコを経て洞爺湖へ。
オルゴール堂など、昼の小樽の街を観光した後、ニセコに向かいました。

ここからは私が運転手。
プリウスにマグネット式の若葉マークがくっつかないというハプニングがありましたが、両面テープで対応ww
久しぶりの運転で感覚が戻らず、ハンドルの切り方が急になったりしましたが、慣れてきてからはご当地交通ルールに戸惑いながらもそこそこな感じですた。

羊蹄山 洞爺湖
ニセコより羊蹄山を望む 洞爺湖
ニセコからは蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山が綺麗に見えました。
そして羊蹄山の周りをぐるっと迂回し、洞爺湖へ。

洞爺湖とスワン
洞爺湖とスワン
洞爺湖では母とスワンボートで中之島を目指すという暴挙に出てみましたが、時間的に断念。
横波がくる度にギャーギャー騒いだりしてたので、相当やかましかったかと思われます…(^ω^A;)
左腕一本で重い舵を取りつつ必死こいてペダル漕いでたので、翌日は筋肉痛でした(;´∀`)


22日
まず弟を洞爺湖駅で拾い、函館へ。
洞爺湖駅から高速に乗るまでの短い距離は弟が運転したのですが、2000年に噴火か何か(忘れた)でICの場所が変わっており、それが地図にも載ってなくて、ナビはなんとかして無い道を行かせようとうるさいしで混乱させられました(;´∀`)
弟は前日まで野球の大会に行ってたので疲れが溜まっている上に、高速教習は路面凍結のためシュミレーターでしかやっていないので自信がないということで、高速に乗るところから後は私の運転に。
高速にはちゃんと乗れたけど、最初入り口を間違えかけて右往左往しました←危
違うもん、入り口の表示がややこしかったんだもん!←
誰も間違えた方に入ろうとするまで何も言ってくれないしさ…orz

高速に乗ってからは順調で、あっという間に函館へ。
…ま、途中函館の手前の町からは親父殿の運転の方が早いということでハンドル奪われたんだけどね。
遅いとか文句言うなら、とやかく細かい速度オーバーをつつくなっつーの、とか色々言いたくなったけど、言えば100%親父殿がキレだしてややこしいことになるのは確実だから堪えたけどね…(-"-;)
ガキだからさ…うちの親父殿は。

五稜郭タワー 五稜郭
五稜郭タワー 五稜郭
土方歳三像と五稜郭
土方歳三像と五稜郭
それはともかく、函館に入ると即五稜郭へ。
五稜郭タワーの展望台から見下ろす五稜郭は圧巻でした。
形とバランスがめっちゃ綺麗。
ただ、五稜郭タワーからじゃ五稜郭の全体をカメラに収められなかったことと、中央の建物が復元工事中だったのが残念…orz

で、五稜郭タワーのお土産コーナーでお土産を物色してたのだけど、どうにも新撰組グッズが多くて、いや近藤さんもう死んでるし!とかツッコミまくり。
五稜郭の戦いの時点で新撰組はもうバラバラだからね…
その中から洋装の土方さんのストラップを見つけて購入。
そして私の携帯がますますカオスなことにwwww
菌どもの中に埋もれる土方さんww←

弟は土方さんの辞世の句が書かれたTシャツがいたくお気に召したようでお買い上げ。
辞世の句は数少ないまともな句だからね、豊玉(土方さんの俳号)さんのwwww
奴は夜にも函館山の売店で土方さんの辞世の句が書かれた扇子買ってましたよwwどんだけwwww

トラピスチヌ修道院
トラピスチヌ修道院
お土産購入後はトラピスチヌ修道院へ…のはずが、カーナビに真反対の方向に誘導されるという事件発生。
というのも、この修道院、お土産のバター飴などで有名なんだけど、そのお土産の商品名では「トラピスト」と書かれてるのです。
でもカーナビ的には「トラピスト修道院」というのは別にあって、この本来の目的地は「トラピスチヌ修道院」としか記憶してないらしい。
そのことに気づいて慌ててルートに復帰するも、結構進んだところで唯一地図を持ってる母がやっと進路がおかしいことを指摘したため、かなりのタイムロス。
トラピスチヌ修道院に着いたときには既に閉門ギリギリ(^ω^;)
だけどその分ちょうど夕暮れ時で、修道院の建物が夕焼けに染まって綺麗でしたv

そのあとは、夕食後夜景を見に行く予定だったので、早く夕食をすませるため旅館へ戻り夕食を。
食事は今回の旅行の夕食の中で一番美味しかった^^

函館の夜景
函館の夜景
夕食後は再び私の運転で夜の函館山へ。
函館山から見下ろす函館の夜景は綺麗でした。
函館の夜景を堪能し、土産物屋でちょこちょこと買い物して再び旅館へ。
その時点で既にだいぶ遅くなっていたので、ゆっくり温泉に浸かって(ちょっと露天風呂に長居しすぎたけどww)寝ました。


23日
最終日は大量の寝汗をかいて起床…
なんか変だと思ったら、月1のやつが始まりやがりましたorz
それでか…寝汗はホルモンバランスが崩れてたせいか…(;'A`)
万一の場合を考えてそれなりに準備はしてきてたので焦りはしませんでしたが…
いや、始まったのが最終日で良かったよ、温泉にも入れたし。

お天気は朝から雨。
チェックアウトしようかという時間になると激しくなってて、焦って傘を2本買い、離れた駐車場に止めてあった車を旅館の玄関につけ、両親と祖母と弟を乗せて出発しよう…としたそのとき。
がりがりがり。

(;゚Д゚)<…やっちまった
旅館の玄関は弧状の階段になってたのですが、思っていたよりカーブしていたようで。
見ていた親父殿が何か言ってたけど、雨が激しくて何言ってるのか聞こえないし。
しかも、車の左のサイドミラーがどうにも不具合があったようで、下を向いてくれなかったのですよ…orz
更に段差に対するタイヤの角度が悪く、タイヤで乗り上げるのではなくホイールが当たってしまって、ホイールをガリガリとやっちまいました(´・ω・`)
本体が傷つかなかっただけマシと思うしかないけどね(;´∀`)

外国人墓地 函館山とプリウス
外国人墓地 函館山とプリウス
とりあえず、予定通り外国人墓地へ…と思ったら、カーナビに登録されておらず、住所を入れて向ってみたら…普通の墓地に迷い込んじゃった(´・ω・`)
火葬場までたどり着いちゃってやっと気付いたよ…orz
最終的にはちゃんと外国人墓地にたどり着いたんだけど、意外に普通の墓地で拍子抜けだったし(;´∀`)
ちなみに朝から降っていた雨はこの時には既に止み、青空が出始めてました。

そのあとは時間的にもあまり余裕はなかったので、弟が電車で札幌に帰ることになってたのでJR函館駅に向い、その近くの市場で聞いたオススメのラーメン屋さんで函館ラーメンを食しました。
函館ラーメンは塩が基本らしく、あっさりとしているけどちゃんと海鮮のダシが出ていて美味しかったですv
ラーメンで胃を満足させたあとは、弟の帰りの電車まで土産物屋で祖母が従姉に頼まれてきたという北海道限定モンチッチを探したり、喫茶店でコーヒー飲んでまったりしてました。
時間になって、北海道で道外の人間が道内の人間を出迎え、見送るというおかしいシチュエーションにツッコミを入れつつ弟を見送ったあと、あまり時間がないため急いで函館空港へ。
ここからは私の体調が思わしくなくなってきたので、運転手は親父殿。
正直親父殿の運転は、しょっちゅうセンターライン踏み越えたりブレーキが急だったり合図出すタイミングが遅かったりで助手席に乗ってると怖いんだけど、それはまあお互いさまだし、言うとまた怒りだすので大人しく乗ってました。

函館空港まではずっと海沿いの道ということで、途中で海の近くの駐車場に寄り道し、函館の海と、この旅行でお世話になったプリウスの記念撮影をしました。
その後は函館空港すぐ近くのレンタカーの事業所に車を返し(ホイールがりがりも自己申告)、空港で最後のお土産の買い物を済ませ、予定通り飛行機に乗り込み一路大阪へ。

約2時間程度で無事関空に到着、帰ってきたぞ大阪ー!と関空から一歩踏み出した瞬間… あっづぅ~~~(´д`A;)
ナニコレ同じ日本だよね!?
5時とか北海道じゃ上着がないと寒くなってくる時間帯だってのに、なんで大阪は半袖一枚で立ってるだけで汗が出てくるんだ…!!orz
やっぱ暑いのね、大阪…(;'A`)
まあ、この暑さには翌日には慣れましたけどwwww


というわけで、出発前は台風でどうなるかと思いましたが、全体的にお天気に恵まれた旅行となりました。
祖母も終始ご満悦で、お年寄りと一緒に旅行するという大変さというのはやっぱりあったけど、連れて行ってあげてよかった^^
札幌以外は初めての場所ばかりだったので新鮮だったし、車の運転の練習にもなったしで楽しかったです(*´∀`*)
今度はホイールがりがりもやらないぞ…!!←


以上、北海道旅行のレポでした☆
無駄に長くてすみませ…(つД`;)
スポンサーサイト

      コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
      トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amanusya.blog98.fc2.com/tb.php/297-167888c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

日々是修羅場。  Copyright©  2007 非人(ひじん). All rights reserved.
/ Template by 日々是修羅場。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。