日常をぼやいたり、漫画やアニメについて語ったり、駄絵曝して一人羞恥プレイしたり…つまりなんでもアリなカオス空間。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

--/--/--(--)  [編集]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/17(日)  [編集]
amanusya

やっと部屋の中片付いた…(;´∀`)衣替えは…うん、そのうちに(;^ω^)
04-16 19:55

現在のBGM、高橋真梨子とか谷村新司とか小田和正とか。
04-16 19:57

わたしのiTunesMusicLibraryがどんどんカオスに…
04-16 19:57

今度はコブクロか。このプレイリスト、伊藤由奈とか森山直太朗もMisiaも入ってるからな… こうして考えるとほんとにカオスだったんだな、じいちゃんのお通夜とお葬式で流した音楽(;^ω^)
04-16 20:04

けどお葬式ではほんとに「今この曲くる!?」ってぐらいミラクル起きたんだよね…シャッフル再生だったのに。弔電読み上げの時に『言葉に出来ない』、最後の献花の時に森山直太朗の『桜』『風に立つライオン』、喪主挨拶の時に祖父が一番好きだった曲、祖母の最後のお別れの時に『カモフラージュ』
04-16 20:09

映画監督志望だったじいちゃんの演出かと思うぐらい… ぼく何も細工してないもん。しかも斎場に向かう途上は満開の桜とかね。 もう1週間もたったのか…
04-16 20:10

とりあえずオリーブの首飾りが鳴らなくて安心したよね、あれが弔電読み上げとか喪主挨拶の時に鳴ったら誰か手品始めなきゃいけないww
04-16 20:12

そういえば、出棺の時は『ら・ら・ら』だったな。あの日にかけた音楽聞いてると思い出すわ…
04-16 20:19

あー…ほんとはばあちゃんとじいちゃんの最後のお別れの時は白いブランコがよかったなあ…二人で良くデュエットしてた歌… いやまあそこまでうまくはいかんよね
04-16 20:24

ごはんいてくる
04-16 20:39

クラシックに歌詞つけられるのって好きじゃないなぁ… なんていうかね、すでに見た目も味も完成してる料理にあとからソースとか醤油ぶっかけられた気分。
04-16 23:44

『木星』は『木星』として、『亡き王女のためのパヴァーヌ』は『亡き王女のためのパヴァーヌ』として完成してるんだから、そこに歌詞とかつけられるともやる。ホルストやラヴェルが完成させた作品にソースかけないでくれ…
04-16 23:49

まあ個人の好みの話でしょうが。
04-16 23:49

「いい歌詞ですよね」と言われればそうですねと言うが(実際そう思ってるかどうかはともかく)、「いい歌ですよね」と言われたら同意しかねる。私はね。
04-16 23:51

原曲の歌詞を変えてカヴァーしてヒットして、その曲が元々そのカヴァーアーティストの曲だったかのように言われてるみたいな、そんな感じ
04-16 23:56

それはまあアーティストじゃなくて周囲の認知の問題なんだけど。クラシック知ってる人って意外と少ないもんね…
04-16 23:59

スポンサーサイト

      コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
      トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amanusya.blog98.fc2.com/tb.php/537-64a34e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

日々是修羅場。  Copyright©  2007 非人(ひじん). All rights reserved.
/ Template by 日々是修羅場。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。